シミュレーションアイコン プランシミュレーションは
こちらから!

運営会社:株式会社CONE

住所:大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル7階

意図を汲み取った資料デザインを作成頂き、セミナー受講者の満足度向上に繋がっています。

代表取締役社長

戸栗 頌平 様

株式会社LEAPT

業種:コンサルティング

従業員数:~10名

イベント登壇資料

POINT

イベント登壇・ウェビナー資料の作成時間を大幅に削減
意図が伝わるページデザインで、受講者の満足度を向上
初稿提出後の手直しはほとんどなし

BtoB SaaS マーケティングと営業戦略立案から実行伴奏まで支援するコンサルティング事業を行う株式会社LEAPT

外資SaaSのユニコーン企業の日本法人立上げを行い、法人営業開始後マーケティング責任者として創業期を牽引した経験のある代表の戸栗さんは、BtoBマーケティングの知見を活かし、定期的に様々なイベント、ウェビナーに登壇しています。

登壇で話したい内容は頭の中にあるものの、クライアントワークや自社業務があるため、資料作成がおざなりになることが多かったそう。

資料デザインをプロに任せ、時間の節約と受講者の満足度向上に繋げたい、とc-slideをご利用頂きました。

利用までの経緯と利用後の変化について、戸栗さんに伺いました。

資料作成はプロに任せて、コア業務に集中できるように。

資料作成の外注を検討された背景をお聞かせ下さい。

戸栗さん

BtoB事業、SaaS事業のマーケティングや営業の戦略立案から実行までを伴走するコンサルティング事業を展開しているのですが、マーケティングについてのイベントやセミナー、ウェビナーへの登壇のご依頼を頂くことが多々あります。

イベントのテーマ毎に話したい内容は頭の中にあるのですが、資料に起こしていく作業にどうしても時間がかかってしまい、資料作成がおざなりになってしまうことも多くありました。

自身の時間の節約と、受講者・聴講者の満足度の向上のためにも資料作成はプロにお任せしたほうがいいのでは?と思い、依頼することにしました。

どうしてc-slideをお選び頂けたのでしょうか?

戸栗さん

以前、コンサルティング業務で関わらせて頂いている企業の投資家向けピッチ資料が必要になった際にc-slideを利用させて頂きました。

スタンダードプランで依頼をさせて頂いたのですが、まだまだタタキの状態の資料をお渡ししただけで、想像以上の構成、デザインの資料を作成頂いたので素晴らしいサービスだなと感じていました。

登壇資料の場合も、ある程度の流れはできていたので、いい感じに資料になるように調整してくれるとうれしいなと思っており、前回の依頼で満足度が高かったのでお声がけさせて頂きました。

タタキの状態から、伝えたい情報がスムーズに伝わる資料を作成頂き、受講者の満足度向上につながっています。

実際の資料の使い心地はいかがでしょうか?

戸栗さん

構成もデザインもクオリティが高く、伝えたい情報がスムーズに伝わる資料になっているので、受講者の満足度向上に繋がっているように感じます。

登壇資料の場合、ずっと同じページを表示させて話をしていると受講者も飽きてしまうので、飽きない資料デザインにする必要があると思います。

その点を踏まえて、適宜静止画素材を挿入したり、紙芝居的なページレイアウトにしたりと、読み手の気持ちを考慮したデザインにしてもらっているので、自分自身も話しやすいですし読み手にも情報が伝わりやすくなっていると感じています。

納品後もご自身で活用されていますか?

戸栗さん

はい、がしがし使わせていただいています。(笑)

毎月イベント登壇がある時期があったため、全部で5資料ほど依頼させて頂いたのですが、全て同じフォーマットで作成頂きました。

イベントの後に記事にしていただく場合は多いので、その際は資料のキャプチャをお渡しして、記事内に挿入していただいています。

また、似たようなテーマのイベントに登壇させて頂く際には、自分で納品資料を組み合わせて資料を作ったりもしています。

テーマに合わせて文言の修正等は発生しますが、編集しやすい形で納品頂いているのと、フォーマットが揃っているのでデザインが崩れることもなく、時間と工数を削減することもできています。

毎回、初稿提出後にほとんど手直しすることなく、そのまま使わせてもらっています。

c-slideのいいなと感じるところはどこですか?

戸栗さん

どんな状態の資料をお渡ししても、意図を汲み取ったデザインにして頂ける点だと思います。

毎回そうなのですが、初稿を頂いてからほとんど手直しをせずに使わせてもらっています。

直前で内容を変更する場合もあるのですが、そのときは自分で調整しています。(笑)

いつも依頼するときはどんな形で依頼していますか?

戸栗さん

基本的には、チャットツールで「この資料のリデザインをお願いします!」と資料を渡しているだけです。

内容が複雑だったり、こちら側からの依頼が多い場合は、Loomで動画を撮ってお渡しすることもありますが、依頼に際してほとんど工数が発生していません。

通常であれば打ち合わせの時間を1時間程度確保して、ヒアリングや認識のすり合わせを行って制作に入ると思うのですが、打ち合わせをしなくても想像以上の資料を作成してもらえます。

時間を取られることなく、いい意味で丸投げできるのが非常に魅力的ですね。(笑)

イベントやセミナーに登壇する機会が多いけど、資料作成に割く時間がない方に、非常におすすめです。

最後に、どんな企業様におすすめだと思いますか?

イベントやセミナーに登壇する機会が多い方におすすめです。

登壇機会の多い方は日々の業務も多く、資料作成に時間を割くことができない人が多いと思います。

丸投げしていい感じの資料に仕上げて頂けるのも魅力的ですし、いくつか資料を依頼すると、自分で資料を組み合わせて簡単な資料を短い時間で作れるようになるのも魅力のひとつです。

受講者の満足度向上にも繋がりますので、登壇機会の多い方は是非ご利用ください!

戸栗さん、お話お聞かせ頂きましてありがとうございました!これからも資料の丸投げ、喜んでお受け致します。(笑)今後ともc-slideを何卒よろしくお願い致します!

シェアはこちら!

資料に関することはお気軽にご相談ください。
無料でサンプル資料作成はこちらから